人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

帰国できず

 先週から日本の教会の一人の方がこの国を訪問。私たちにとって励ましと助けの時となっている。そしてこの木曜の夜に帰国予定・・・が、なんと空港から飛行機が飛ばない。そう、今お隣の国の空港が全面的に閉鎖されているのだ。よってお隣の国に行く飛行機は全て欠航。お隣の国経由の日本帰国のチケットだったため、日本に帰れなくなった。ありゃりゃ・・・。
 空港に行ってもしょうがないので、乗る予定だった航空会社の事務所に。旅行中だったのだろうか、西洋人の年配の夫婦や、サラリーマンなど今回のトラブルに巻き込まれた人たちで事務所はあふれかえる。「早く国に帰してくれ!どうしてくれるんだ」などと怒号が飛び交いながら。といっても今回のトラブル、航空会社のせいではないんだけど。一人ひとりに応対する係員も大変だ。整理券を取って順番まで2時間以上。とりあえず、来週の火曜の飛行機に振り替えとなったが、来週の火曜までにお隣の国の空港は再開しているのだろうか。ちょっと心配。
 それにしても、スーパーマーケットに行ったら、牛乳などお隣の国から輸入されてくる生鮮品が全部消えている。これも空港閉鎖の影響らしい。お隣の国の空港閉鎖は、この国にも大きな影響を与えている。早く、なんとかならないかな。
by awkun | 2008-11-28 16:56

おはなし

おはなし_d0113490_31523100.jpg 最近、田舎で行われている子供達の集会で聖書の話をすることになった。もちろんこちらの国の言葉を使ってだ。こちらの国の言葉の発音は日本語の何倍も繊細だ。細かい部分での発音には今だに自信が持てない。この前、市場に行った時に、ある人に話しかけたら、「すみません。私、外国語分かりません。」と言い返された。いやいや、そうじゃないよ。こちらの国の言葉を話したつもりなんだけど・・・。落ち込む。こんなことで本当に子供達に話が通じるのか・・・。
 そして、祈りつつ子供達の前に立つ。今まで、一生懸命こちらの国の言葉を勉強してきた。そして、練習してきた。ある意味でこの日は、これからの原点となり、また第一歩となる日だ。今までのいろんな思いが交錯し、自然と胸が高鳴る。普段は、現地の伝道者による聖書の話をリラックスして聞いている子供達も、言葉のつたない外国人が話すとなると、いったい何を話すのかと真剣に聞き入ってくる。こちらも真剣だ。ピンと張り詰めた雰囲気。緊張してひとつの言葉がなかなか出てこないときは、子供達が合いの手のように助けてくれる。子供達にも助けられ、無我夢中で終えたお話。文法や語彙など、細かいところは無茶苦茶だったと思う。でも、外してはいけない大事な部分は分かってくれた。
 こちらに来て、いつも思う。人間の弱さと足りなさを、あり余るほどに補ってくださる神様のことを。またそのことを心に刻んだ一日だった。
by awkun | 2008-11-21 21:55

乾季へ

乾季へ_d0113490_250316.jpg  一昨日ぐらいからいよいよ乾季に入ったらしい。今まで毎日のように降り続いていた大雨がピタリと止み、急に空気が乾燥し、朝晩とひんやりと涼しくなった。数日で気候ががらっと変わるから不思議だ。個人的にはこの時期が好きだ。ひとときの涼しさが日本の秋を思い出させてくれる。これで数ヶ月の間、雨とはおさらばのはず。洪水に悩まされていた教会にも安心して行けるかな・・・。
 この国の首都はこの数日間、大きな祭りが開催された。例年この時期に行われるこの祭りのために、全国から首都に多くの人々が集まってくる。そして官公庁や学校も約1週間休み。国全体がお休みモードだ。この時期を利用して、私が出席している教会ではクリスチャンみなで協力しての宣教活動。私も一緒に出かける。私の話す言葉が不完全な部分は、他のクリスチャンが補い助けてくれる。この国に来て、この国のクリスチャンと一緒に働いている。そのことに改めて不思議な感じにとらわれる。神の導きのままに、ここまで来ることができた。これから、どのように導かれていくのか、楽しみだ。
by awkun | 2008-11-14 20:46

水浸し

水浸し_d0113490_3483633.jpg 最近、出席を始めた教会は新しくつくられた市場の一角にある。この場所、雨が降ると大変なことになる。そう、あたり一面水浸しになるのだ。まるで洪水のよう。おまけに排水が悪く、なかなか水が引かない。最近、首都近郊はこのような新しい造成地が多いが、排水設備やら、基本的な計画や構造がすっぽり抜けてしまっているので、建物など見栄えは良いが実は・・・というものが多い。「この場所を選んだのは乾季だったからねえ。まさか雨季にこんなに水が溜まるなんて・・・」と頭を抱える宣教師。見かけよりも水が深く溜まっているところもあるので、バイクがそこに突っ込むと途端にエンスト。洪水の中でエンストしたバイクを引いて歩く姿は悲惨だ。車も例外ではない。川の中を車で運転するような錯覚にとらわれる。雨が降ると、いつも教会に行くのにハラハラドキドキである。(ちなみに教会は写真の中で扉が閉まっている建物です)
by awkun | 2008-11-10 21:39

お祝い

お祝い_d0113490_0312576.jpg 今日は、私達家族にとっての記念日。先月末の私の誕生日も含めて、家族でささやかにお祝い。妻によると、昨年のこの日は家族みんな病気でダウンしていたらしい。ちょうど、この国に来てしばらくした時だったので、子供達も含め、疲れが出ていた頃。そういえばそうだったかな・・・すっかり忘れてた。あの頃に比べたら、みんな環境にも慣れてきたのかな。そして、来年のこの時期には、もう一人家族が増えているかな。
 ちなみにこの国では誕生日を祝うのは比較的新しい習慣らしい。誕生日自体、みんな結構適当なところがある。お正月にみんな一斉に一つ歳をとると聞いたこともある(ちょっと確かではないけど)。だから人によれば年齢もちょっと怪しい・・・。でも、この国の田舎にいけば、カレンダーも時計も無いし、時間がゆったりと流れている中で、産まれたのはこの日と限定するのも、ちょっと合わないような気もする。だったらお正月に一つ歳をとるのも、分かりやすいといえば分かりやすい。誕生日を忘れる心配もないし・・・。
by awkun | 2008-11-04 20:53