人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

虫食

虫食_d0113490_0584241.jpg 普通に市場に売ってます。そう、虫です。タガメ、タランチュラ、イナゴなんでもあります。こちらでは貴重なタンパク源です。この前、蛇は食べましたが、虫はまだ食べたことがありません。でも、食べた人(日本人)によると、けっこう美味しいそうです。
by awkun | 2009-01-28 01:03

食堂にて

食堂にて_d0113490_0504737.jpg ある食堂の壁に書かれていたものです。左側が夕食のメニュー。右側が朝食のメニュー。ちょっとこの国の雰囲気を味わえるかな・・・。初めてこのような店に入っても、尻込みしなくて大丈夫。たいていの店には「チャーハン」がありますからご安心を。
by awkun | 2009-01-28 00:54

目に見えない力

目に見えない力_d0113490_0163911.jpg 毎週、ある村へ教会の人たちと共に行って、子供たちに聖書の話をしている。こちらの国の言葉を使って、子供たちに話し始めてもうすぐ2ヶ月くらいが経つ。最初に比べたら、話す言葉も少しずつだけど良くなってきているのかもしれない。毎週の話のために苦しみながら準備することが、良い勉強の時ともなっている。といっても、何でここでというところで今だに子供たちに笑われるけど・・・。笑われて、笑われまくって、いくらの感じだ。
 今から振り返ったら、2ヶ月前、最初に子供たちにこちらの言葉で話した時は、文法も何もかも目茶苦茶だった。緊張して、頭が真っ白になって、いったい自分は何語を話してたんだろうって・・・(もちろん今でもそう思うこと多し)。でも、「先週、何について話したか覚えてる?」と子供たちに聞くと、必ず2ヶ月前の、最初に話した時の話のことを言う。それも毎週毎週だ。いやいや、それはもうかなり前の話なんだけど。それでも、子供たちはいまだにその話を強く覚えてるのだ。(一週前の話は忘れてるのにね。)
 いつもそれを聞きながら、不思議に思う。文法が目茶苦茶でも、発音があいまいでも、話はしどろもどろでも、なぜかその時の話が一番子供たちに覚えられているということに。もちろん、だからといって、言葉が上達しなくてもよいというわけじゃない。これだけは、苦しみながら、祈りながらひたすらに前に進むしかない。でも、一番大事なのは、話す言葉を超えて、目に見えない力が確かに働いているということ。目に見えないお方が、人間の口を通して、聖書のことばを用いて、人間の心に働きかけておられるという事実。その働きが無ければ、どんなに上手に流暢にペラペラと話せたところで、人間の心には何も残らないのだろうと思う。
 人間の弱さを通して、働かれる神の真実を、いつもひとつの静かな村で思う。
●写真は村で撮ったアヒルの大行列
by awkun | 2009-01-20 00:39

寒い南国

 この数日間、北風が吹いて一段と寒くなった。といっても、ここは南国。最低気温も首都ではせいぜい朝晩に20度を切るほどだ。今の日本の比ではない。しかし、それでも寒いものは寒い・・・。田舎に集会に行った帰りなど、トラックの荷台に乗っていると寒さでこごえてしまいそうだ。「防寒具持ってますか?」と集会に同行する現地伝道者の人に聞かれる。「持ってません。」まさか、この国に来て防寒具が必要になるとは思わなかった。そう聞かれて、よく見たら、みんな防寒具を着込んでいる。確かによく考えたら、市場にもジャンパーとか売ってた。その時はなんでこんな暑い国にジャンパーが売られてるのか不思議だった。街行く人の中にはダウンコートを着る人も。ここは南国なのに、ちょっとおもしろい光景。
 こういう時期、いつも周りのみんなに聞かれる。「日本とどっちが寒い?」こちらの国の人は、日本の位置を知らない人が多いので、「日本は雪というものがたくさん降りますよ」というと、「おーっ日本はもっと寒いんだ」となる。もちろん寒さでいえば、日本と比較にはならない。でも、今の自分はなぜかこちらの国の方が寒いように思う。ちょっと不思議な感覚。でも、南国に住んでいながら、実は暑さがあまり得意じゃない私にとっては、過ごしやすい時期でもある。
 この寒い時期が終わると、40度超の酷暑の時期が来てしまう。あと少しの快適な時期だ。
by awkun | 2009-01-14 22:31

バイバイ

バイバイ_d0113490_2104659.jpg この年末から年始にかけて、私の母と弟がこの国を訪問。地方にも一緒に行く機会があって良かった。帰りは、出産を控えている私の妻と子供たちも一緒に連れての帰国。母と弟が一緒なので、こちらも安心して妻と子供たちを空港で見送れる。こちらの国の空港は、一応国際空港と名前がついていても、日本の地方空港なみの大きさ。一気にみんないなくなって一人になるのは、ちょっと寂しいけど・・・。これから数ヶ月は、単身での海外生活。ちなみに、母教会のみなさんからのクリスマスプレゼントは、様々なレトルト食品詰め合わせとたくさんの缶詰。おお・・・これはかなり一人暮らしには嬉しかったりする。
by awkun | 2009-01-09 20:09

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます_d0113490_181814.jpg 新年あけましておめでとうございます。こちらは相変わらず暑い日々です。こちらの国では4月が新年のため、いつもと変わらない日常です。何はともあれ、今年もよろしくお願いします。
by awkun | 2009-01-05 00:56