人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

教会訪問(7月No.2)

教会訪問(7月No.2)_d0113490_931491.jpg 子供達も夏休みに入り、一緒に車で北陸へ移動。7月4週目の日曜から数日間かけて北陸の数教会を訪問。それぞれの教会で、南の国のお話をさせて頂いた。久しぶりに会う方々と、いろんな話ができてとても楽しかった。
 それにしても、土曜に広島を出発して、高速道路で北陸に向かったのだけど、出発時はとても暑かったのが、山を越えて北陸に入った途端に急に涼しくなってびっくり。夜は肌寒いくらい。いつもこんなに涼しいのかなと思ったら、この数日間だけのことらしい。でも、この涼しさは久しぶりで気持ちいい。
 ある教会で、集会が終わった夜、みんなで「お好み焼き」を作ろうという話になり、久しぶりに「広島焼」を作ることに。自分で作るのはもう何年ぶりだろう・・・。かなり自我流の「広島焼」になってしまった。でも美味しかったからいいか。雨がずっと続く今週は、これから信州へ移動。
by awkun | 2011-07-26 11:41

教会訪問(7月No.2)

 この土曜、日曜は中部にある一つの教会を訪問。翌月曜は休日で学校も休みということもあり、子供達も連れて家族で訪問できた。子供達にとって遠出は久しぶりで、車内でも少しテンションが上がり気味。土曜日の昼からはユースの集まり。まず皆でハンバーガを手作りしてのお昼ごはん。まるでモ○バーガーみたいで美味しかった。あまりに美味しくついつい3個も頂いてしまう・・・。この集会の時に、教会の方がいろいろと考えてくださり、南の国3択クイズをする。南の国に数年住んでいると、フツーになってしまってることが、日本の常識には当てはまらないことを改めて実感。まあ、逆もそうなのだけど・・・。その中の一つの問題。「南の国の牧師が飼っていた犬がある日突然行方不明に。なぜ?」答えは過去のブログをどうぞ!
 土曜、日曜とあわせて3回の集会があったが、集会の時以外にも教会の皆さんとお話しする時間もたくさんあって、楽しいひとときだった。帰りには、教会の庭で栽培している「にがうり」の初物まで頂き感謝。広島に帰って妻が早速調理。夏バテ予防にはにがうりがいいかもしれない。
 子供達も今週から夏休み。今週末より、家族で約2週間北陸、信越へ。
 
 
 
by awkun | 2011-07-20 23:33

教会訪問(7月No.1)

教会訪問(7月No.1)_d0113490_7424446.jpg 7月に入って、2週ともに関東の教会を訪問。南の国の大きい地図を作ってくださった教会もあり(製作に数日かかったそう)、また皆さんが南の国についての話に関心をもって耳を傾けてくださり、感謝だった。関東は、節電ということで、地下街も暗かったり、エスカレーターも止まっていたり、クーラーの設定温度も高めだったりする。西日本から関東に出てくると、改めて電気の重要性を思わされる。でも、思い返すと南の国は、毎日が計画停電のようなもので、急に電気が数時間止まるのが日常になっていた。日本に数か月いると、感覚が日本的に戻りつつあるのかも。

教会訪問(7月No.1)_d0113490_7471440.jpg かつて仕事を辞めて、神学校に行ったとき、学校で同期だった一人がいま東北にある教会で牧師をしている。最近、東北に行く機会があり、久しぶりに会うことができて嬉しかった。教会からしばらくの距離を走った海岸線には津波により壊れされた車が今でもそのまま放置されている。津波による目に見える被害、そして放射線による目に見えない被害。震災はまだ終わっていない。そのことをもう一度思い知らされた。神の守りが続けてあるように祈っている。
 
by awkun | 2011-07-15 08:02

教会訪問(6月No.3)

教会訪問(6月No.3)_d0113490_0484778.jpg 6月後半の教会訪問をまとめて。
 第3週の日曜は九州へ。千円高速最後の週末となり、最後の千円での高速を走っての移動。帰国してわずかな期間だったが、長距離移動の時にこの千円高速にはとても助けられた。この日、普段はがらがらの中国自動車道でさえも渋滞気味。みんな千円最後の日ということで遠方に出かけたのかも。教会での集会の後に牧師の一言。「そういえば、今日は父の日でしたね。」言われて私も思い出す・・・そういえば父の日だった。母の日とのこの違い。
 第4週の日曜は関東の2つの教会。午前の教会では、かつて転勤で広島の教会に来られていた方ともお会いすることができ、久しぶりの再会で嬉しかった。同じく広島出身の方もおられ、また教会の方々ともいろいろと話すことができ感謝だった。午後は関東の米軍教会。冷や汗をいっぱい流しながらの英語を使って講壇から話す。全て終わって、足になぜかじんましん。よほど気を使っていたのかもしれない・・・。集会後のアメリカ人牧師との雑談の中で、マク○ナルドの話が出たが、アメリカの人にとって、行く国にマク○ナルドがあるかないかというのは結構大きいことらしい(もちろん人によると思うけど)。南の国にはもちろんマク○ナルドは無いので、あの味が好きな人はちょっと寂しいかも。
 ところで、今まで教会などで南の国の讃美歌を紹介するときに、このように説明してきた。「南の国の讃美歌は、南の国の古来のメロディがたくさん入っていますが、日本の讃美歌や聖歌は、ほとんどが欧米のメロディで、日本古来のメロディはあまり入っていないように思います。聖歌の『いつかはしらねど』のメロディが『ましろきふじのね』から取られているぐらいですかね・・・」と。
 ところが午前の集会後に、ある方から「実は、あの『真白き富士の根』のメロディも、アメリカの讃美歌からなんですよ。」との指摘。えっ、それは知らなかった・・・ということで、インターネットで調べてみると、確かにその通りだった。つまり、『アメリカの讃美歌』→『真白き富士の根』→『いつかはしらねど(日本の聖歌)』だと。wikiにはこう書かれている。「この曲は、歌謡曲(ましろきふじのね)経由で、再びキリスト教賛美歌に使用されるに至った。」
 というわけで、今までの私の説明が間違っていたこと、おわびして訂正させてください。それにしても、この「ましろきふじのね」のいきさつも興味深い。
by awkun | 2011-07-07 00:30