人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

教会訪問(9月No.3)

教会訪問(9月No.3)_d0113490_23312179.jpg この日曜は、関東にある2つの教会を訪問。ひとつの教会は、土曜から日曜にかけての集会で、2回のお話。南の国の様子も交えながらの話をさせて頂いたが、興味深く聞いてくださって感謝。日曜お昼は、教会で一緒に食事を頂いて、そこからバタバタと次の教会へ移動。午後からはもうひとつの教会で報告。集会後、皆さんからたくさんの質問を頂いた。質問をたくさん頂くと、嬉しくなる。その中の質問のひとつに、時間のことがあった。「南の国の時間の感覚はどうですか?日本とは違いますか?」
 その質問を聞きながら、バスの話を思い出した。以前にもブログに書いたが、南の国でバスに乗ろうと思ったときのこと。発車時間にはもちろんバスは来ない。ここまでは想定内。そこから30分近く遅れてバスが到着。やれやれと椅子に腰掛ける。しかしそこからもバスは出発の気配なし。「えっ?なんで?故障?」と思いきや、「まだ空き椅子がありますから」と。客が全員椅子に座るのを待って、初めてバスは出発する。これ南の国流。要はその日のうちに目的地にさえ着けばよい。
 最初は、少しびっくりした。でもそのうち慣れた。そしてしまいには、「これって今はやりのエコじゃない?地球にやさしくない?」と思えるようになった。特に日本に帰国して、教会の行き来に高速道路を車で走っていると、客が少ないガラガラの高速バスをよく見かける。たまに、運転手さんしか乗っていないようなバスも。お客さんが一人もいなくても、路線バスは時間通りに走らせなければならない。でないと監督官庁から指導が来る。これ日本流。
 どっちがエコだろうか。どう考えても、南の国流がエコに決まってる。と、こんな感じに思ってしまうのは、もう南の国流に思考回路が染まってきているからなのかもしれない。
 そう思いながら、その日の夜に新幹線で帰宅。広島に着くときの車内放送。「列車の到着が2分遅れましたことを大変深くおわび致します。」思わず、あ~日本だなと思った。
 何はともあれ、訪問させて頂いた教会の皆様ありがとうございました。次の日曜は中部の教会を訪問。
by awkun | 2011-09-28 23:36

教会訪問(9月No.2)

教会訪問(9月No.2)_d0113490_1024546.jpg この日曜は関西の2つの教会を家族で訪問。教会の方々とお話しでき、良い時が与えられた。「機会があれば、南の国に行ってみたいです。」と言ってくださる方が何人もおられて、南の国への想いを持ってくださっていることが嬉しかった。ありがとうございました。
 2つの教会共に、礼拝中に聖歌隊による合唱賛美があり、練習を積み重ねられたのだろう整えられたきれいなハーモニーに心を強く揺さぶられた。ソロの歌にはソロの良さがあり、合唱の歌には合唱の良さがある。神学校時代、コーラスの授業があったのだけど、いつもベース担当だった。何人かで一緒にベースのパートを歌うのだけど、だいたい主旋律とはメロディが違うので、なかなか歌うのに苦労したのを思い出す。決して上手ではなかった。でも個人的にベースパートは好きだった。もし今でもパートを選べと言われれば、迷わずベースパートを選ぶと思う。
 ソプラノやテナー(テノール)に比べると、アルトやベース(バス)はそんなに目立たない。(個人的主観なので間違っていたらすみません・・・。)でも、主旋律を支え、歌に幅と拡がりをかもし出す。そのようなベースの存在に、何かすごく惹かれるものを感じるし、神様から与えられている務めという面でいえば、ある方々はソプラノ的かもしれないが、私個人はどちらかといえばベースパート的なものではないかなと思っている。
 今週後半から一人関東へ行き、土曜日から日曜にかけて関東の教会。ノロノロ台風が少し心配。前回の大雨の被災地にこれ以上被害が出ませんように。
 
 
by awkun | 2011-09-19 23:17

教会訪問(9月No.1)

教会訪問(9月No.1)_d0113490_132211.jpg 9月に入っての、第1週と2週それぞれの教会訪問を続けて。ようやく涼しくなってきたかな・・・と思えば、また急に残暑が厳しくなったりと、なかなか来ない待ち遠しい秋。最初の日曜は、甲信越の教会へ。ちょうど教会の近くで言語学の集中セミナーが約1週間半に渡って開かれていて、それに参加していたこともあり、当日はその宿泊場所から教会へ向かった。
 この教会に足を踏み入れて「おっ」と思う。床が畳なのだ。畳の教会堂って、今までもあったがそんなに多くはない経験。畳の上に座ってのメッセージ。聞く方も座布団を敷いて座ってメッセージを聞く。教会の方々にとっては日常のことで普通かもしれないけど、私にとってはすごく新鮮。これぞ日本の教会!って感じがする。今まで、「日本のキリスト教会ってアメリカっぽいよね・・・」と言われることもある中で、もっと日本的なスタイルのキリスト教会があってもいいんじゃないの・・・と思っていたところだったので、結構興味深かった。畳の上に座って、ちょっと足がしびれながらも、南の国の話を皆さんと分かち合うことができてよかった。
 第2週の日曜は、関東の教会へ。この教会、礼拝に来られる方が多いので、日曜の朝は、第1礼拝と第2礼拝に分けてのいわゆる2部礼拝をしておられる。2部の礼拝で、それぞれ報告をするのは初めて。日曜の朝、同じ教会堂で、礼拝の時間によって来られる方々が入れ替わり、顔ぶれが全く変わってしまう。初めて経験した私にとっては、不思議な体験だった。でも、クリスチャンが多いお隣の国では、2部どころか、日曜だけでも、もっと多い回数の集会をしている訳だから、それに比べると、日本はまだ少ないと言われるのかも。この教会でも多くの方々に南の国での体験談や、教えられたことをお話することができた。関心もって耳を傾けてくださって感謝!
 そういえば、「今週から南の国を舞台にした映画が公開されるんですけど知ってましたか?」と聞かれ、早速チェック。南の国に学校を建てる映画で、おもしろそう。なぜか役名も同姓だし・・・。
 集会後、車で広島に帰宅。次の日曜は関西の教会へ。早く涼しい秋が来てくれないかな。
by awkun | 2011-09-13 20:08