人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

勉強クラブ

勉強クラブ_d0113490_22261888.jpg 新しい場所に引っ越してきて、近隣コミュニティの方々と良い関係を築いていくために、また教育に大きな問題を抱えているこの国で、教育を受ける機会に乏しい子供達のために、ある時間帯に家の一部を開放して行う「勉強クラブ」を7月に始めた。まず基礎となる計算をしっかり固めたいということで、日本のお家芸でもある?「繰り返し計算プリント」を集まってくる子供達のレベルに応じてそれぞれ配り、自分で考えて解いてもらっている。「えっ?こんなに問題あるの?」とプリントを見て、うめく子供達も多いが、その中でもやる気がある子供達は一生懸命に問題に取り組んでいる。国は違うと言葉は違う。でも算数の式はどこに行ったとしても同じなんだなと興味深い。日本の繰り返し計算のやり方が、この国の子供達にどこまで受け入れられるのか。毎回毎回が試行錯誤。
# by awkun | 2013-08-23 22:32

塀とバナナ

塀とバナナ_d0113490_2293310.jpg塀をのりこえて我が家に入ってくる隣の家のバナナ。その場に居合わせた大家さんによると、このバナナ、日本の柿の木と同じように隣の家のものになるそう。だから手をつけたらだめだよ…と。もちろん当然の話。でもふと落ちてきたらどうなるのだろう?って。バナナが落ちてくることってまずないだろうけど。
# by awkun | 2013-08-23 22:10

久しぶりの首都

久しぶりの首都_d0113490_2156599.jpg 歯の治療と、予防接種のために、数か月ぶりに地方を離れ首都へ。車で片道6時間の旅なので、なかなか気軽に行くことはできない。久しぶりの首都はやはりにぎやかで便利なところだった。この数か月、急激に日本人経営の店が増えていてびっくり。でも、たくさんの車と人で頭がぼーっと…まるでおのぼりさん状態に。数か月前までここに普通に住んでいたのが嘘のよう。もう自分の住まいはここではないんだなと改めて実感した数日間だった。
# by awkun | 2013-07-19 22:02

雨期に入って

雨期に入って_d0113490_9445526.jpg こちらは雨期に入り、毎日のようにスコールが降るようになった。乾季の終わりのうだるような暑さがなくなったのは嬉しいが、急に湿度が高くなってじめじめとした日が増える。ある日、大雨が降り続いた後、街の中を流れる川を見ると水位が急上昇し、ああ決壊寸前…と思いきや、周りの人達は全然気にする様子もなく。水は翌日すぐに引き、元の水位に戻った。どうもあせっていたのは日本人一人だったらしい。
# by awkun | 2013-07-06 09:52

強制労働とダム

強制労働とダム_d0113490_10172763.jpg 新しく来た地は、かつて大虐殺を行った一派が強い影響力をもっていた場所でもある。少し離れたところに大きなダムがあり、先日見に行ってきた。このダムは、ポル・ポト時代の強制労働によって造られたダム。乾季の終わりで水は少なかったが、このような大きな規模の工事を、おそらく人力のみで、それも強制的に行ったことに恐ろしさを感じる。この工事の背後でも、多くの人命が失われたのだろう。同じようなダムは全国各地に造られたが、無計画的に行われたこともあり、今なお使われているのは、数少ないと聞く。
# by awkun | 2013-06-13 10:23

引っ越し

引っ越し_d0113490_2339058.jpg 首都を離れ300キロ離れた地方への引っ越し。南の国では、まだ引っ越し業者が一般的でないので、トラックを1台借りての荷物運び。教会の方々が早朝から手伝いに来てくださり、とても助けられた。途中スコールが降ることもなく、荷物も無事に引っ越し先へ。トラブルも無く感謝だった。
# by awkun | 2013-05-14 23:44

お正月の教会

お正月の教会_d0113490_13291855.jpg 南の国はお正月で、多くの人達は田舎に帰省し、首都はもぬけの殻のような状態。田舎に帰らない人達のために、昨年お手伝いしていた教会では、みんな集まっての「お楽しみ会」を開催。一緒に食事をし、その後はゲーム。一番盛り上がったのは、その名も「壺割ゲーム」。土製の壺の中にお菓子を入れて、一人が目隠しして割る。うまく割れた後は、子供達が落ちてきたお菓子目当てに殺到。とても楽しいひとときだった。
# by awkun | 2013-04-16 13:37

お正月

今日南の国はお正月。新年を迎える日(時間も)毎年変わり、今年は14日の深夜2時12分が新年。深夜2時すぎに大砲のような音で目が覚め、何事かと思えば、新年を祝う数発の打ち上げ花火。こんな時間に盛大に打ち上げ花火をするのも南の国ならでは?ほとんどの人は田舎に帰り、普段騒々しい首都はシーンと静まり返っている。
# by awkun | 2013-04-14 13:06

家探し

家探し_d0113490_12432240.jpg首都での教会の働きを終え、新たな働きの場所となる地方に家探しに来て1週間。バイクを借りて毎日街をくまなく探すも、なかなか良い借家を探し当てることができず、どうなることやら…という状況。今日こそは家が見つかるだろうか…と。その中でも、神様は共におられることを信じ探す中で、現地のクリスチャンにも助けられ、ようやく新しい家を見つけることができた。一歩踏み出した時の「神の備え」を改めて思わされ感謝。朝焼けが美しいこの地方に数か月後に引っ越しの予定。
# by awkun | 2013-01-16 12:39

一区切り

2012年4月から、牧師不在中の首都近郊にある教会にて責任をもって働きをしてきたが、牧師ご一家がアメリカより戻ってこられたため、2013年1月をもってこの教会での働きは一区切り。無事に責任を果たすことができ、ほっと一息。若い人たちが多い教会だが、牧師不在中も、皆が一つとなって教会を守ろうとする姿勢に励まされる思いがした。私にとっては、毎週がこちらの国の言葉との格闘であり、毎週がチャレンジで、間違った言い回しや発音でがっかりすることも多かったが、「聖書のことば」はまさに生きていて力があるということを改めて教えられた数か月だった。お祈り感謝。
# by awkun | 2013-01-10 12:33