人気ブログランキング |

南の風とともに

awkun.exblog.jp
ブログトップ

大きな壁

大きな壁_d0113490_20452583.jpg 毎週日曜日、教会で大人対象のメッセージの奉仕が始まって、3ヶ月が経つ。数を重ねるほどに、口が慣れる・・・というよりも逆に言葉の難しさを、まざまざと思い知らされている。毎回毎回、目の前に大きな壁があって、それを乗り越えているのか、乗り越えていないのか分からないけれども、必死によじのぼっている感じだ。時に打ちのめされつつ・・・。
 メッセージを聞く方も、忍耐を試されているのかもしれない。つたない言葉を聞くほど、大変なことは無いかもしれない。でも、教会の皆さんが耳を傾けてくれていることに感謝している。宣教師は、宣教地に来てもなお、多くのことを宣教地の教会の皆さんから教えられ、助けられ、そして育てられる。
 この前、教会の若い青年がノートを持って私のところにきて言った。「今度、他の教会でメッセージのお手伝いがあるんですが・・・」見ると、私が以前にしたメッセージがそのまま書いてある。「これそのまま使うの?」「はい。このメッセージのポイントがとてもいいと思って。」素直に嬉しく思った。この国でした一つの聖書のメッセージが、時と場所を変え、他の人により、また生かされていく。「神のことばは生きている」ことを改めて思わされる。外国語というものに、苦悩しながら、そして励まされながら、一歩一歩進んでいる。
# by awkun | 2010-02-06 21:01

また来年

また来年_d0113490_1042287.jpg 1月に入って、朝晩と涼しくなった。もちろん昼間は30度を軽くこえて暑いのだが、夜が涼しいと気持ちよく寝れて嬉しい。でも、少しの間の涼しい時期が終われば、一年で一番暑い灼熱の時期(4月)に向かっていく。
 毎週、ある村での集会に現地の伝道者と通っているが、1月のはじめに行くと、いつも集まってくる子供達の姿が無い。「あれっ?今日は何で子供達がいないの?」顔を見合わせる。それでも、私たちの姿を見て集まってきた数人の子供達に聞く。「何で今日はみんな来ないの?」「えっ?だって先週、先生がまた来年!って言ったじゃない。」その子供の話を聞いて、笑い出す現地の伝道者。「ああ、先週は12月の終わりだったから、また来年って言ったんだよ。今日は2010年で(あの時からすれば)来年でしょう・・・」
 また来年!を本当に1年後と受け取る子供達・・・。う~ん素朴なのか。
# by awkun | 2010-01-29 10:53

車検

車検_d0113490_18164549.jpg 乗っている車の車検が切れたので、首都郊外にある車検場へ。代行業者に頼んでもいいのだが、自分で直接持っていってみた。車検という制度が、正式に定められてまだ数年なので、車検を受けていない車も普通に路上を走っている。(おまわりさんに見つかったら罰金だけど・・・)
 新しく移転した場所で、検査機器も新しい。検査の流れも、機器も全部自動で日本のものとほとんど同じ。ということは、日本の援助でできたか。検査官が車に乗り込んできて、検査レーンを走らせる。「う~んヘッドライト弱いねえ」。でもそのままOK。一つか二つのアウトで日本のようにいちいち手直しさせてたら、大変なのだろう。でもそれなら何のための車検かとも思うが・・・。検査官「この車って20年以上前の型でしょう。まだきれいだねえ。」「ありがとうございます・・・」そんな会話を車の中でしながら、最後に大きな車検シールを前面ガラスにぺたっと貼って終了。お疲れ様。
 初めてこの国に来た時は、車検なんて考えられなかった。この国が、だんだん普通の国に変わりつつあるのを改めて実感。
# by awkun | 2010-01-19 18:28

路上散髪屋

路上散髪屋_d0113490_21111015.jpg 2歳の息子の髪が伸びたので、家の向かいにある路上散髪屋へ。路上なので電気が無く、バリカンも手動のもの。息子もちょこんと椅子に座り、おとなしく髪を切られてた。1回50円。だいたいこの国では、みんなこのような場所で散髪する。
# by awkun | 2010-01-15 21:15

手品

手品_d0113490_10332641.jpg 日本の百円均一の店でたくさん売っている手品セット。先日、村での集会の時に子供達の前で披露してみた。目の前の手品にあぜんとする子供達。百円均一のものだから、シンプルなタネのものだが、手品というものをあまり見る機会がないので、新鮮にうつるよう。「もう一回、もう一回!」と騒ぐ子供達。またいつかやってみよう。
# by awkun | 2010-01-13 10:48